収穫が早い、失敗しにくいなど、早採り野菜のメリットとおすすめの作物4つ。

野菜は作物の種類によって、種まきや植え付けから収穫までにかかる時間が異なりますが、2か月以下で収穫できるなど栽培期間が短い野菜のことを早採り野菜と呼ぶことがあります。早採り野菜にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 早採り野...続きを読む

鶏ふん、牛ふん、バーク堆肥、化学肥料の違いと使い方について。

土の栄養分が少なくても植物はある程度成長しますが、きれいな花を咲かせたり、しっかりと収穫するためには肥料を使って成長に必要な栄養を補う必要があります。 しかし、栄養価や効果が出るまでにかかる時間は肥料によって異なるため、肥料であ...続きを読む

スイーツのように甘い!?高糖度のスイーツキャベツとは?おすすめの品種3つと美味しい食べ方。

サラダやスープ、炒め物などに活躍するキャベツは品種改良が盛んで、味わいや食味、栄養価などのバリエーションが豊富な野菜です。近年、キャベツの中でも糖度が高く甘みが強い品種が人気を集めており、スイーツキャベツと呼ばれるようになりました...続きを読む

来年は苗を買わずにすむ。ランナー(ツル)でイチゴの苗を増やす方法は?

イチゴは園芸店やホームセンターなどで苗を購入して育てるのが一般的です。この場合、収穫時期が終わったら苗を処分し、翌年に新しい苗を購入することになりますが、イチゴから伸びる「ランナー」を利用すれば自分で苗を作ることができ、翌年は苗を...続きを読む

なぜかプランター栽培では実があまりならないイチゴ…。その理由と対策方法は?

地植えでもプランターでも栽培できるイチゴですが、プランターで育てると実があまりならないことがあります。プランターではなぜ実がなりにくいのでしょうか。 今回は、プランター栽培で実がなりにくい理由とその対策方法を紹介します。 実が...続きを読む

苗から始めるヒヤシンスの育て方のポイントと増やし方(分球)について。

ヒヤシンスといえば「球根から育てる」というイメージがありますが、ヒヤシンスの球根の植え付け時期は10~11月ごろと意外に早く、植えようと思ったときには時期が過ぎているということも珍しくありません。 タイミングを逃したら次のシ...続きを読む

イチゴって、夏・秋まで収穫できるの?!おすすめの四季成り品種5つ。

イチゴというと春というイメージがありますが、近年、夏や秋でも収穫できる「四季成り」のイチゴが人気を集めています。家庭菜園用に作られた品種も多く、その中でも長期間にわたって収穫できる四季成りイチゴにはどのような品種があるのでしょうか...続きを読む

病虫害に強く、コンパクトでプランター栽培にぴったり!ミニキュウリ、ラリーノの育て方。

サラダなどの料理に使えて栽培も比較的簡単なキュウリは、家庭菜園向けの野菜ですが、ベランダなどの狭い場所では育てにくいというイメージがあります。 しかし、ミニキュウリであればコンパクトで育てやすいため、プランター栽培にも最適です。...続きを読む

体を温めて冷え・むくみを改善する生姜。プランター栽培のコツ、収穫後の保存・活用方法も。

料理の風味付けや冬の「温活」などに活躍する生姜は、病害虫に強く育てやすいことから初心者でも挑戦しやすい野菜の一つとされています。 根菜は畑でないと育てられないと思いがちですが、プランターでも栽培することができます。 今回はプラ...続きを読む

コンパニオンプランツとしての春菊の育て方と苦味を抑えた食べ方2つ。

鍋物やおひたしなどに最適な春菊は単体で植えてもよいですが、その独特な香りが虫よけ効果を持っていることから「コンパニオンプランツ」として利用されることが多い野菜です。 なかでも、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、大根といったア...続きを読む