ズッキーニは水気が苦手。梅雨時期の管理方法など、ズッキーニの育て方。

フランス料理などに利用されるズッキーニは意外と育てやすく、苗からであればそれほど手間をかけなくても栽培できるので夏野菜として人気です。 しかし、温暖でやや乾燥した環境を好むことから高温多湿な日本の環境には弱く、梅雨の時期は根が傷...続きを読む

病気に強く、育てやすい。家庭菜園に最適なトマト、桃太郎の種類と特徴は?

代表的な夏野菜の一つであるトマトは、ミニ、中玉、大玉といった種類があるだけではなく、生食向き、加熱調理向き、高糖度などさまざまな特徴を持つ品種が存在します。 しかし、いざ育ててみると育てにくいと感じることも多く、大玉品種は特に育...続きを読む

肥料で収穫量も味もアップ!鉢植えトマトの肥料の与え方について。

大きくておいしいトマトをたくさん収穫するためには、肥料切れを起こさないよう追肥をしっかりすることが重要です。 しかし、トマトは逆に肥料が多すぎると、枝葉ばかりが茂って花がつかず実がならないことがあります。特に、水やりのたびに栄養...続きを読む

つるボケを防ぎ、大きいイモが収穫できる。サツマイモのつる返しとは?

栄養の少ない土でもよく育つサツマイモは、おやつからおかずまでさまざまな方法で楽しめる人気の野菜です。植え付けた後はほとんど放任でよいため、手間をかけずに収穫を楽しめますが、「つる返し」だけはする必要がある、しておいた方がよいといわ...続きを読む

一株ならベランダ栽培も楽。料理のアクセントに使いたい、唐辛子の苗からの栽培方法。

唐辛子(とうがらし)は韓国料理やエスニック料理など、辛みの効いた料理に欠かせない食材です。調味料的な使われ方をするため、一回当たりの消費量は少ないものの、辛いもの好きな方であれば頻繁に使う野菜なのではないでしょうか。 唐辛子の栽...続きを読む

スナップ(スナック)えんどうとさやえんどう、むき実用えんどうの違いと収穫の目安について。

鈴なりに成った実を収穫するのが楽しく、さまざまな料理に利用できる「えんどう豆」ですが、いさ育ててみようと思うと「スナップえんどう」「さやえんどう」「むき実用えんどう」などがあり、どれを育てればよいかわからないことがあります。 今...続きを読む

連作障害の回避に役立つ、土壌消毒とは? 太陽熱消毒、土壌還元消毒などその方法3つ。

プランターを使って花や野菜を育てている場合、新しい植物を植えるときは土をまるごと新しいものに入れ替えるのが一般的です。 しかし、土を新しく入れ替えるとコストがかさむだけではなく、古い土を処分するのに手間がかかるといったデメリット...続きを読む

黄色い鈴なりの花が美しいモッコウバラ。花が終わった後の剪定と株の増やし方について。

モッコウバラは5月頃になると黄色い花を鈴なりに咲かせるツル性の低木で、バラの仲間ですが、トゲがなく育てやすいことから初心者にも扱いやすい品種として知られています。 あまり手間をかけなくても新しい花芽がついて、翌年も花を咲かせてく...続きを読む

種無し、肉厚など家庭菜園やプランター栽培で挑戦してみたいピーマンの品種6つ。

夏野菜といえばキュウリやナス、トマトなどがありますが、肉詰めや炒め物などに大活躍するピーマンも夏野菜の一つです。 ピーマンは肥料と水を切らさないよう注意すれば、しっかりと実をつける初心者向けの野菜で、地植えはもちろんプランター栽...続きを読む

最初の実(一番果)はあまり大きくしない方がいい?キュウリの育て方のポイント5つ。

夏に収穫シーズンを迎えるキュウリは、比較的育てやすく家庭菜園でも人気が高い野菜ですが、思ったよりも収穫できずに終わってしまうことも少なくありません。収穫量を増やすには苗選びや土づくり、摘芯などさまざまなポイントがありますが、収穫シ...続きを読む